ホーム » その他 AMEXカードの詳細 » 

コストコにもアメックスあります!


コストコとはアメリカスタイルの倉庫売りストアーです。

 

倉庫売りをしているので一つの商品の品数が多かったり、大きなサイズで売られています。友達どうしで買い物へ行って分け合うというスタイルでも十分な買い物ができます。

 

コストコは会員制のストアーですので会員にならなければいけません。

 

支払いは現金かクレジットカードなのですが、クレジットカードはコストコが提携しているアメリカンエキスプレスカードかコストコ・オリコマスターカードの2社のみです

 

コストコでの買い物はすぐに1万円以上になってしまいます。

コストコへ行くと決めてある程度のお金を持っていかなければ買い物ができません。

 

クレジットカードがあれば・・・と思うのですが、アメリカンエキスプレスカードは年会費がかかります。

 

コストコ会員も年会費がかかるので同時に入るのは少しためらいがあります。

 

オリコマスターカードはコストコの提携でなければ使えないのですが、アメリカンエキスプレスカードであればどの提携カードでも使用することができます。

 

年会費の安いセゾン・アメリカンエキスプレスカードでも使えるということです。

 

コストコの店舗でコストコ・アメリカンエキスプレスカードを作らずに少し検討をしてみてからにしましょう。

 

あまり海外旅行をしない方は通常のアメリカンエキスプレスカードだと年会費分の元が取れないと言われています。

 

コストコのためだけであれば年会費が安いアメックスカードがいいかもしれないですね。

法人向けのAMEXカード


法人向けのアメリカンエキスプレスカードにはアメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードがあります。

 

経費の支払いや出張の時などに役立つビジネスには欠かせない便利なカードです。
法人格の代表者の方や個人事業主の方、経営者の方が多く入会しています。

 

ビジネス・プラチナカードへのインビテーションもありますので、まずはゴールドカードへ入会をしてください。

 

法人向けには他にもアメリカンエキスプレス・コーポレートカードがあります。

効果的な経費管理とコスト削減に役立てるカードとなっています。

 

アメリカンエキスプレス・コーポレートカードはアメリカンエキスプレスからの案内状がなければ入会することはできません

 

案内状がどうすれば届くのか問い合わせたいときはホームページの法人向けツールから問い合わせをすることができます。

 

いくつかの条件があるようですので確認してみてください。

条件を満たさない法人団体はビジネスカードへ入会をしましょう。

 

ビジネスカードもビジネスに役に立つ特長やサービス、特典が付いているのでビジネスシーンでの支払いにはとても便利です。

 

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードの年会費は27,300円です。

利用限度額は個人別で設定をされています。

 

コーポレートカードも利用限度額は個別設定になっています。ちなみに、コーポレートカードにもゴールドカードがあります。

 

会社経営に便利で役に立つアメリカンエキスプレスのコーポレートカードの所持をぜひ考えてみてください。

ANAアメックスはマイルがグングン貯まる!


ANAアメリカン・エキスプレス・カードはカードを使用するとマイルをためることができるお得なカードです。

 

ANAアメリカン・エキスプレスのゴールドカードでANAの航空券を決済するとポイントが通常の2倍ついてきます。

 

一般のANAアメリカン・エキスプレス・カードでも1.5倍つきます。

 

食事やショッピングでANAアメリカン・エキスプレス・カードを使用して貯まったポイントはマイルに移行することができます。

 

一般カードでもポイント移行コースに登録をすればポイントをマイルに変更できます。

 

ANA航空券の購入だけではなく機内販売などでもゴールドカードを利用するとポイントが2倍になります。

 

海外にもマイルプラス提携店があります。

 

パリ・ロンドン・ソウルにありますので海外旅行の時はぜひ利用してください。

 

ANAアメリカン・エキスプレスのゴールドカードの年会費は31,000円+消費税と少し高めなのですが、それに値するサービスが付いていますので、海外旅行へ行く機会が多い方はお得だと思います。

 

アメックスのカードは海外では絶大な信頼があるクレジットカードですので、一枚持っていれば安心して旅行をすることができますよ。

 

各業界でトップクラスのANAとアメックスが手を組んだカードですので、至高のカードともいえるほどクオリティがあるカードです。

 

そして当然、社会人としてのステータスにもなります。

 

海外旅行が好きな方や、飛行機を使った出張が多い方でクレジットカードを考えている方は、ぜひホームページでチェックをしてみてください。

魅惑のセンチュリオンカード


アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカード。これは通称アメックス・ブラックカードと言われています。

 

アメリカンエキスプレス・プラチナカードよりもさらに上の幻のカードと言われていて、世界中でも極限られた超VIPしか持っていないそうです。

 

もちろんプラチナカードを所持している人に届くインビテーションがなければ入会することはできません。

 

その基準は明らかになっていないようです。

 

アメリカンエキスプレス・センチュリオンカードは非公開部分が多く、会員サービスなども正式には公開されていません。

 

年会費は36万7500円だと言われています。

空港ラウンジもVIP専用のラウンジを使用できるようです。

 

インビテーションが届く基準が明かされていないので、どうすればアメリカンエキスプレス・センチュリオンカードを持つことができるのか解明されてはいないのですが、一つ言えるのはとにかくプラチナカードを所持して利用するということです。

 

高級ブティックやブランドショップ、高級レストランで何度も利用するのがいいのではないかと言われています。

 

ただ、実際のところそれが合っているのかどうか分かりません。

 

まあ、普通の買い物でプラチナカードを使ってもセンチュリオンのインビテーションが来るとはあまり思えませんよね?

 

最高級のステイタスと言われているアメックスのブラックカード。

他のカード会社もこれにならってブラックカードを発行しています。

 

例えば有名なところでいえば、ダイナースクラブのブラックカードである「ダイナースクラブ・プレミアムカード」やJCBの「ザ・クラス」などがあります。

 

それでも年会費やサービス内容を比べてみると、いかにアメックスが最高級と言われているのがよくわかりますね。

 

アメリカンエキスプレス・センチュリオンカードを持つのは憧れであり、目標でもあるのかもしれません。

 

まずはインターネットから申し込みできるゴールドカードから始めてみませんか?

定番のグリーンカード


アメリカンエキスプレスのグリーンカードはアメックスの中では一番スタンダードなクレジットカードです。

 

スタンダードとは言っても世界中で名高いアメリカンエキスプレスですので上級のサービスや特典が付いています。

 

アメリカンエキスプレスのグリーンカードの年会費は12,600円です。

 

海外旅行や海外出張が多い方は海外で強いと言われているアメリカンエキスプレスのカードを持っていると安心です。

 

また、グリーンカードをある程度使用しているとゴールドカードへのインビテーションが届きます。

 

れを気にゴールドカードへ切り替える人が多いようです

 

社会人としてのステータスといわれているアメリカンエキスプレスは入会審査が厳しいと言われています。

 

直接ゴールドカードへ入会するよりもグリーンカードを所持してインビテーションを待った方がゴールドカードを所持しやすくなるようですね。

 

入会キャンペーンが行われている時もありますので、アメックスへの入会を考えている方はキャンペーンのときに入会した方がお得になります。

 

キャンペーン情報などはホームページで確認してください。

 

アメリカンエキスプレスのグリーンカード他社のクレジットカードのゴールドに匹敵するくらいのクオリティを持っています。

 

ゴールド・プラチナへのステップアップもできますのでまずは、審査の通りやすいグリーンカードから所持してみるのはいかがでしょうか。

 

アメックスを持っているだけで周りの評価が変わってくるかもしれませんよ(^^

特典いっぱいのビジネスカード


アメリカンエキスプレスのビジネスカードは個人事業主や経営者、法人などで使用されています。ビジネス上の経費の支払いに使用されていて、海外出張や接待などでも利用することができます。

 

基本的に海外出張が多いビジネスマンに多く利用されていますね。

 

アメリカンエキスプレスのビジネスカードの特長はカード付帯サービス・ビジネスセービング・四半期管理リポートがあり、特典としては様々な優待キャンペーンや国内・海外出張のためのサービス情報、レジャーやショッピングなどの優待情報を案内しています。

 

また、買った商品が返品不可の時でも引き取ってくれて返金をしてくれるというサービスまであります。

 

通常のカードと変わらずポイントも付きますのでビジネスでどんどん利用をすればポイントを増やすことができます。

 

アメリカンエキスプレスのビジネスカードは個人用のアメックスカードとは違い、ゴールドカードからの入会となっています(厳密にはグリーンカードのビジネスカードもあるにはあるんですが・・)。

 

年会費は27,300円と個人向けカードと変わりません。個人事業主の方と法人格は申し込みが違いますので確認してください。

 

ビジネス・ゴールドカードの上位であるアメックス・プラチナ・ビジネスカードはインビテーションのみの審査ですのでビジネスカードを考えている企業や経営者の方はまずゴールドカードに入会をしてください。

 

設立からそれほど年数がたっていなくても審査は通りやすいようです

 

世界的に信頼性が高いアメックスカードは企業としても所持をしていることが一つのステータスになっているようです。

ステイタス性抜群のゴールドカード


アメリカンエキスプレスのゴールドカードと持つというのは、社会人のステータスですもあり、社会人としての信頼性を得ることもできる知名度抜群のカードです。

 

アメリカンエキスプレスのゴールドは審査基準が厳しくなかなか持つことができないと言われていました。しかし最近ではアメリカンエキスプレス自体の審査基準が低くなり、入会しやすくなっているようです。

 

グリーンカードを持つとあまり使用していなくてもゴールド会員へのランクアップのお知らせが来るみたいですので簡単に切り替えができます。

 

アメリカンエキスプレスのゴールドカードの会費は27,300円です。

 

少し高めかなと思ってしまいますが、そこはアメックスですので最高級カードの扱いやサービスを受けることができます

 

特にアメリカではアメックスの認知度は絶大ですので一流ホテルで使うと明らかに対応がよくなるみたいですよ。所持している方はぜひ試してみください。

 

そして会員サービスもたくさんあります。

 

特に旅行に特化したサービスが多彩にありますので、よく海外旅行をする方などは所持をしているようです。

 

アメリカンエキスプレスのゴールドカードを持っていると「すごい」というイメージはまだまだ根強いです。

 

ステータスのために所持をする人もいるみたいです。

 

更にステップアップとしてアメリカンエキスプレス プラチナカードや幻のブラックカードと言われているセンチュリオンカードへの獲得のチャンスがあるのがこのプロパーカードのAMEX ゴールドカードです。

 

特にセンチュリオンはプロパーカードだけに設定されたスペシャルなカードです

 

AMEX ゴールドカードは他のカードよりは若干審査も厳しめらしいのですが、比較的入会しやすくなってきていますので、クレジットカードの入会を考えている方はぜひアメックスのゴールドをどうぞ。

三菱UFJニコスが発行するMUFG


AMEXには「MUFGアメリカンエキスプレスカード」というカードがあります。ところでMUFGって何?と思う方も多いかもしれません。

 

MUFGは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。金融関係の会社が発行しているカードということです。

 

MUFGアメリカンエキスプレスカードは18歳からゴールドカードを持つことができます。若い人でも持つことができるゴールドカードとして人気があります。

 

また、MUFGアメリカンエキスプレスカードの審査基準は原則として18歳以上、かつ本人または配偶者に安定した収入があるという基準になっています。

 

配偶者がきちんと働いていれば主婦でも入会できます。ただし、学生は入会することができません。

 

MUFGアメリカンエキスプレスのゴールドカードは年会費が2000円とアメックスの中では破格的な安さになっています。

 

年会費が安い分空港ラウンジが使えないなど割愛されている部分もあります。しかしポイントが付くなどお得なシステムもありますので若い方が最初に持つゴールドカードとして支持されているようです。

 

サービスや特典はホームページで確認をすることができます。ショッピングやレジャー、海外旅行でも活用することができます。

 

そして、MUFGアメリカンエキスプレスカードにはプラチナカードもあります。

 

基本的にインビテーションなしで申し込むことができます。ビジネスカードも同様に招待制ではありませんので、プロパーのAMEXプラチナカードより年会費が安いということもあり、非常に人気の高いプラチナカードとして君臨しています。

 

もちろんサービス面はプラチナカードにふさわしいサービス内容ですので、MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでも十分満足できると思いますよ(^^

 

世界中で名高いアメリカンエキスプレスのカードを持てるというステイタスを、まずはこのMUFGアメリカンエキスプレスカードで味わってみてはいかがでしょうか。

憧れのプラチナカードの真実


アメリカンエキスプレスのプラチナカードを持つにはまず、ゴールドカードに入会しなければいけません。いきなりプラチナカードへ入会することはできません。

 

ゴールドカードでおおよそ100万円~300万円ほど決算をするとプラチナカードへのランクアップのお誘いが来るようです。

 

アメリカンエキスプレスのプラチナカードへの入会基準はアメリカンエキスプレスよりインビテーションを受けた人だけが持つことができます。

 

まさしくアメックスの中で特別のカードといえます。また、 サービスの内容は公開されていないようです。年会費は10万円ではないかと言われているそうです。それにふさわしい手厚く豪華なサービスがあるようですよ(^^

 

真実はその資格を持った人しか知ることができないということですね。

 

ゴールドカードを持っている人はたまに見るのですが、プラチナカードはほとんどお目にかかれません。年会費の10万円を会費として出せてしまうと考えるとやはり一般人には無理だなあと思ってしまいますね。

 

アメリカンエキスプレスカードを持つことが社会人としてのステイタスだとも言われています。

 

一般的なスタンダードであるグリーンカードは比較的、審査基準も低くなり、所持しやすくなったようです。定職に就いていればほとんどの人が入会をすることができると言われています。

 

ゴールドカードもグリーンカードを所持して使用していればランクアップをすることができます。

 

アメリカンエキスプレスのゴールドカードとプラチナカードには大きな格差があるということなのですね。

 

AMEX Wiki
最近の投稿
カテゴリー